RAVPower RP-PC068 レビュー

iPhoneを購入してから無線充電というものを知りました

RP-PC068
Amazonさんで調べてみるとたくさんの無線充電器があってどれを選んでよいのか分からないので無線充電器について調べてみました。

  • 無線充電器には寝かせタイプと立てかけタイプがある
  • Androidの一部の機種は10wの無線充電ができる
  • iPhoneは7.5wの無線充電ができる
  • 無線充電器の説明の中で第2世代とあるものはiPhoneでは5wの充電ができるもの
  • 過充電対策はiPhoneが行う
  • 電源は高速充電用のものを用意する

寝る前にiPhoneを充電器において朝に充電ができていれば良いので高速充電は必要ありません。むしろゆっくり充電のほうが充電池が長持ちすると聞いたような気もします。なので今回は7.5wで充電できるものはあえて避けて5wで充電できるものを選びました。

寝かせタイプより立てかけタイプの方が省スペースなので立てかけタイプを選択しました。

あとは見た目やメーカーの好みになってくるのですが、スマホの電源関連でRAVPowerは信頼できるメーカーなので今回もRAVPowerを選びました。

実際に手にとってみると

思ったより重量があって安定感があります。充電器の底とスマホの設置部分の底にはゴムが貼ってあって滑らないようになっています。全体はつや消しで落ち着いた感じがします。
iPhoneを充電器に載せると全面の下部のLEDが緑色に点灯します。充電器の後ろ側は通気口が空いていて熱対策がされています。

RP-PC068

使ってみての感想

便利の一言につきます。
iPhoneの前に使っていたAndroidはquick charge 3.0対応で充電は早かったのですがすぐに端子が傷んでしまって高速充電ができたりできなかったりしたので、端子を使わず充電ができるのほうが気休めですがありがたいです。

パソコンデスクの上に置いても目立たないデザインで違和感がありません。LEDが小さいので光っていてもさほど気にならないのが良い点だと思います。Humixxのクリアケースをつけたままで充電ができます。

RP-PC068
データはiCloudで、音楽の転送はiTunesのwifi、充電は無線、イヤホンはBluetoothを使ってケーブルレスでiPhoneを使いたいと思っています。