脱Googleを考える 第1弾

Android4.4から始まってスマホはAndroid一筋で次はPixelを買おうと思っていた私が、とあることから脱Googleに挑戦するシリーズ第一弾です。

すべてをGoogleに任せておけば便利に生活ができることは間違いないのですが、突然に今まで使っていたサービスが使えなくなって困ったのが脱Googleを考えたきっかけです。

実際に脱Googleを貫けるか自信はありません。それほどGoogleのサービスは便利で良くできていて、しかも無料です。それでも考えるだけ考えようと言う企画です。

Googleアカウント

iPhoneにスマホを変えれば不要になるのですが買ったばかりのAndroidスマホを買い換えるほどでもないのでGoogleアカウントは新たに作って個人情報をできるだけわたさない設定で使います。

アカウントを新しく作るときにGmailでアカウントを作る必要のないことを知りました。新たにメールアカウントを作ることなく既存のメールアドレスでGoogleアカウントを作りましょう。

Webブラウザ Chrome -> Firefox

Chromeでないと困ることがある場合が多ければ無理に変える必要はないでしょう。Firefoxをメインに使って必要があるときはChromeを使い分ける方法も。

パスワード管理 Google Passwords -> Firefox sync + Lockbox

Google Passwordsはサイトのパスワードを覚えるだけではなく、パスワードを作ってくれたりクレジットカードの番号まで自動で入力してくれる便利なサービスです。

Firefox syncはFirefoxを初めて立ち上げたときに表示される邪魔なサービスだと思っていたのに設定さえすれば便利なものでした。

パスワードを使い回しするとセキュリティーが弱くなり、全部変えると覚えられなくなるので何かに覚えてもらわないと困ります。ということでパソコンとスマホのOSをFirefoxにしてSyncでパスワードを共有化しましょう。LockboxはAndroidアプリでIDとパスワードを自動入力してくれます、Firefoxと同じ製作者のMozillaなので安心です。

フリーメール Gmail -> Outlook.com

Windowsを使ってた頃は使ったことがなかったのにLinuxに変更したあとにMicrosoftアカウントを作ることになりました。AndroidのメールクライアントアプリはOutlook.comに変更しLinuxはThunderbirdを使いましょう。

カレンダー Googleカレンダー -> Microsoft Outlook

Microsoft Outlookに予定表というスケジュール帳があります。ちょっとした行動予定の管理ならこれでよいでしょう。

ハングアウト -> Line

Googleアカウントがあればスマホでもパソコンでも電話番号認証が不要で使えるハングアウトは便利です。

無料通話の音質もとても良く(使っている人が少ないからかも)知り合いに頼んでインストールしてもらっていました。

Lineは良い話を聞くことがなくインストールする必要がなかったのですが、Lineチケットというサービスが始まってLineでチケットを買う必要が出てきたのでインストールをしました。日本ではみんな使っているLineは便利ですね。